2021年05月28日

足ゆびとふくらはぎ

昨日はポドの営業を午後からお休みして、シューフィッターの補修講座に参加しました。今回は大阪府岸和田市にある橋間診療所の院長であり、日本整形外科認定スポーツ医 医学博士の橋間誠先生に”スポーツ整形外科医がシューフィッターに今すぐ伝えたい『明日から足ゆびを救える知識』”というテーマでご講演いただきました。

足ゆびの大切さは、仕事の時にお客様によく指導していることです。フットケアでは、足のゆびに力が入ってなかったり、足ゆびの動きがなかなかうまくできなかったりする方も多く、足のストレッチなどの指導をしたり、靴では爪先に捨て寸と言って靴の爪先に余裕があることで、足ゆびが自由に動くことができ、快適に靴を履くことができることなどを指導します。

足ゆびは大切なセンサーの役割をします。その「足ゆびをうまく使うことで体幹が鍛えられる」そうです。
体幹が緩むと体の安定性が少なくなります。そうすると猫背や体の歪み、関節などに負担も増えてきます。スポーツなどで体幹を鍛えるのもいいのですが、普段の日常性格でも足ゆびに気をつけると、体幹を鍛えることができるのはとても嬉しいことだと思います。

体幹が安定すると姿勢も良くなります。
最近パソコンを使うことが増えて、長い間画面を見たり、オンラインで視聴したりしている時の姿勢が悪かったのか、首がストレートネックのような痛みが出ることが多くなりました。橋間先生に教えていただいたことを色々と試して見ましたが、ちょっと気をつけるだけで、姿勢が変わり、首、腰なども負担も軽くなりました。(でもすぐ忘れてしまうので、しばらくは常に意識が必要だと思います。)

それから足ゆびとふくらはぎもとても強い関係があり、ふくらはぎが硬い、足首が硬いなどで、足のゆびに力が入りにくくなったり、巻き爪やたこ・魚の目の原因にもつながっていきます。(足のトラブルには他にも原因は多くありますが・・・)
ふくらはぎのストレッチも必要です。

橋間先生はフィットネス併設型クリニックを建設し、運動療法を治療に積極的に取り入れ、健康寿命を伸ばす医療を志されています。
現在、「ノントリエクササイズ」と言って、オンラインレッスンも開催されています。
詳しくは下記のアドレスをご覧ください。

https://hashima-medicalfitness.com/

講座の中で橋間先生がおっしゃった、「0歳からの足ゆび教育の必要性」と、「靴の取り扱いの仕方(正しく脱ぎ履きする、足に合った靴選びなど)の指導」はとても大切だと思いました。

今日からまた仕事に生かして、お客様に「快適な靴と足」を提供していきたいと思います。


それからお知らせ:
6月13日(日)20:00〜無料オンライン勉強会にゲストスピーカー2回目でお話をします。
今回は基本的な靴のお話と、前回のアンケートの回答になども交えてお話をする予定です。
一般の方向けのお話をする予定なので、ご希望の方は下記のイベントをご覧ください。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Ffb.me%2Fe%2F1uA9i9y6A&h=AT3Mh6GYHVkVvKmLMFRsVf2M1E7gD0D791sLxLj_opynNPiEn6RHIwwzV2sKVvxPEyazF118ZSH4N3ZTrNfSCu0dWu663Xpjp9QQhJmI4eVAK2-VVRr-TWxhyiSwv8Hp5FkKe6vcLgs3ZupT8NOn7wp1xuQ

ご興味のある方はご連絡ください。

梅雨の時期ですが、体調管理には気をつけてお過ごしください。

快適な靴と足 WOHLTAT(ヴォールタート)
足・爪 お手入れ専門店・ポド
上級シューフィッター & フスフレーゲマスター
藤井 恵
E-mail: ashinocare.podo@gmail.com
HP: http://www.eonet.ne.jp/~wohltat/podo.htm
posted by なぁ〜さん at 07:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする