2017年08月06日

広島で勉強会に参加しました(勉強会編)

株式会社スピングルカンパニーは府中市にあり、勉強会は三原市にある「県立広島大学 三原キャンパス」。車で1時間ほど移動でした。途中靴の供養ができるお寺として、「修善院」に立ち寄りました。中は見れなかったのですが、実際靴が供養で置いてあるそうです。寺院の横はランニングコースになっており、学生がたくさん走ってました。みんな大変な坂を上っているのですが、ちゃんと挨拶をしてくれたのには感動しました。
夕方の一番西日がきつい時間に大学に到着。大学の1っ室をお借りして勉強会をしました。

靴を考える会in広島.jpg
勉強会では靴販売について「靴はこうあるべき!」という正解方の販売から、お客様の環境や目的などを勘案した「納得型」の販売方法をご指導いただきました。
物事1つのことをちゃんと追及していくのはいいのですが、いろんな角度から検討し、それを自分のフィルターに通して、押し付けでなく、体の感覚で納得してもらえる方がいいのだと思いました。靴のアドバイス、フットケアの仕事にも生かしていける勉強会でした。

勉強会のあとは大学の中を案内していただき、歩行などを研究する部屋も見せていただきました。
大学の分析室.jpg
この部屋にはたくさんのビデオカメラがあり、いろんな角度から分析ができるようになっています。グレーの床の部分は床反力などを測定できます。
このような設備を見ると、私も大学で研究してみたいと思いました。

2日目は福山市松永はきもの資料館と靴屋さんへ伺ったので、そのお話を投稿します。
posted by なぁ〜さん at 12:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。