2017年12月31日

今年の出来事

今日で2017年も終わります。
今年一年はいろんな出来事があり、たくさんの方との出会いもありました。すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。来年は次の準備の年にしようと思い、いろんなことを整理してステップアップします。これからもよろしくお願いいたします。

遅くなりましたが、11月のドイツ研修をダイジェスト版で投稿します。
今回は6泊7日というちょっと短い期間での研修で、時差を考えると4日間ぐらいの研修になります。
1日目:国立整形靴ハノーファー校のポドローゲ科の視察と、足趾変形のセミナーに参加。ポドローゲとは簡単に言うとフットケアのことですが、もっと内容は深いものです。
IMG_9538.JPG
このようにたくさんのフットケアの椅子がセッティングされていて、そこで生徒がサロンなどで施術している環境と同じ条件で授業を受けることができます。使った器具はちゃんと滅菌ができるようにこの部屋に設置されていて、オートクレープ(高温滅菌器)がたくさん置いてありました。
IMG_9535.JPG

セミナーは日本で受けるよりもっと自由な環境で、生徒が先生にたくさん質問したり、討論したりしていました。日本でもそのようになるといいなぁ〜と思います。
整形靴科の視察もしました。多くの生徒の作品があり、とてもユニークな整形靴でした。
IMG_9544.JPG

2日目:ハノーファーから展示会場のあるカッセルへ移動。ORAシュパンゲの開発者ブリギッテ・ラーテノウ先生のセミナーです。先生は12月4日にお誕生日だったので、日本からあやとりの本をプレゼント。とても喜んでいただけました。
こんな感じでちょっと広いお部屋を借りて、みんなで爪の写真を見ながらいろいろとご指導をいただきました。
IMG_9666.JPG

3日目:昨年も行った「DER FUSS」今回はカッセルにて開催
IMG_9738.JPG
古い建物ですが、とても重厚感があり、中の天井や作りは建築に携わる人は興味深いものがあると思います。今回は買い付けが目的で、たくさんのフットケア用品を購入。思わず特価で出てたドイツの本を購入したのはいいですが、帰りの荷物が大変でした。
IMG_9756.JPG
こんな感じで会場ではデモンストレーションもされていました。
2つほどミニセミナーを受けて、展示会場をうろうろとしてたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。日本からも何人か来られてて、思いがけない出会いもありました。

4日目:ゾーリンゲンへ移動して、老舗のニッパーの会社「クラウベルグ」社へ訪問。ニッパーの作成工程をしっかりと見学させていただきました。一つ一つ丁寧に手作りされているニッパーを見ると、丁寧に扱わないといけないと思いました。あの技術が切れ味につながっているようです。
IMG_9855.JPG
熟練の方が一本一本丁寧に加工していました。

5日目:この日は日本へ旅立つ日。午前中時間があったのでデュセルドルフ駅からケルンへ移動して、ケルンの大聖堂へ上りました。結構大変でしたが、達成感があり、とても楽しかったです。
IMG_0048.JPG
大聖堂の上で見たケルンの街並みです。

あっという間のドイツ研修でしたが、たくさんの経験と知識、情報を吸収してきました。また来年も行きたいと思います。
来年1月17日(水)14時から17時半まで、このドイツ研修の報告とポドロギーの知識(爪編)として勉強会を企画しております。詳しいことを知りたい方はメールへご連絡先をお送りください。

ぼちぼち投稿のブログですが、よかったら読んでくださいね。
コメントをしたい方はメールへお送りください。お返事がほしい方はメールに連絡先をお願いいたします。
📨 wohltat@ab.auone-net.jp


では皆様、よいお年をお迎えください。

快適な靴と足
WOHLTAT(ヴォールタート) 藤井恵 








posted by なぁ〜さん at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。