2021年02月02日

足と歯

今日は節分ですね。子どもの頃はよくおばあちゃんと豆まきをしたのを覚えています。恵方巻き食べて、今年も願いを叶えたいと思います。

「足と歯」のお話を投稿します。

以前からマウスピースを使用しておりましたが、1年半ほど前からつけたりつけなかったりとしていました。先月歯科で定期検診の時に、右上の奥歯の調子が悪くみていただきました。「歯ぎしりや強く奥歯を噛んでいることない?」「マウスピース使っていますか?」と聞かれ、噛みしめている感じはなく、マウスピースはあまり使ってないと答えました。その時に「マウスピースの調子はどうですか?」「はめた時に違和感ありませんか?」ときかれ、「あまりつけてませんが、違和感あります」と答えると、「それはもう使わないでください!」と言われ、「なぜ?」と疑問になりました。
そこで先生が「歯は動きますから」と言われ、またまた「?」。「なので違和感あるマウスピースをはめていると歯を痛めます」と。。。。。。。
自分が思っていることと違ってびっくりしたのと、「歯も動く」ということを知りました。

足に例えると、足も日々変化しています。体の調子、気候、時間など環境の変化によっても変わります。人間の体は常に変化していると再認識しました。それからマウスピースは靴の中敷の役割と似ているとも思いました。

マウスピースは歯を矯正するのではなく、歯をいまある形を保持しながら、噛み合わせや歯の状態を整えていくと思います。一方靴の中敷はその方の足に合わせて足を保持しながら、靴を気持ち良く履いて、快適に歩けるように機能します。

_DSC8581.JPG

私のマウスピースのように、靴の中敷も使用してないと足も変化しますので、合わなくなる可能性があります。せっかく作った中敷、大切に保管せず、どんどん使用して、違和感などあれば調整していただくことをお勧めします。もし合わない時は作り直したほうがいいかもしれないですね。

歯科に行くと仕事との関連性が多くて、色々と興味があります。
歯のお手入れのように、足のお手入れもお客様に伝えていきたいと思います。

足や靴に関してのご相談も受けております。ぜひお気軽にご相談下さい。
本日ポドニュースも発行しております。詳しくはHPをご覧ください。

快適な靴と足 WOHLTAT(ヴォールタート)
足・爪 お手入れ専門店・ポド
上級シューフィッター & フスフレーゲマスター
藤井 恵
E-mail: ashinocare.podo@gmail.com
HP: http://www.eonet.ne.jp/~wohltat/podo.htm


posted by なぁ〜さん at 00:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする